• トップ /
  • 弁護士への依頼の流れと費用

弁護士へ依頼後の追加費用

弁護士への依頼の流れと費用

弁護士への依頼は難しくない。

普段の生活ではなかなか無い事ですが、もしかすると弁護士に仕事を依頼しなければならない事案が発生するかもしれません。その時の為に依頼の流れや費用があらかじめある程度分かっていれば、いざという時に慌てなくて済みます。おそらく生活していて起こり得るのが民事での案件でしょう。損害賠償請求などが主になるのではないしょうか。自身が損害賠償を請求する側の場合の流れとしては、まず受けた損害を明らかにする事と、第三者から見て損害を受けたと納得できる証拠を集める事です。受けた損害と証拠が正当であるなら、弁護士側は依頼を受けてくれます。最初にかかる費用は相談料です。本格的に依頼する前段階の相談で、相場は30分数千円が多いです。その次が着手金です。着手金は一律の場合もありますし、訴訟金額によって変動する場合もあります。その事も含めて、事前に相談するのです。いざ、弁護士に依頼する事になった場合、内容証明郵便の発送料や印紙代などの実費も費用として請求されます。いわゆる話し合いで終わる場合、調停にかけた場合、訴訟にまで発展した場合、その場合によって途中で事務的費用が発生します。弁護士に仕事を依頼する場合の流れと費用は上記のような形が一般的です。

↑PAGE TOP