• トップ /
  • 債務整理は弁護士に相談しよう

弁護士とのスムーズな流れ

債務整理は弁護士に相談しよう

弁護士なら全債務整理に対応可能

債務整理を考えているのなら、弁護士に相談してみることをおすすめします。債務整理を専門家に依頼する場合、弁護士や司法書士のいずれかを選ぶことになります。しかし司法書士は本来登記などの書類作成が主な仕事であり、債務整理で代理人となって対処できる範囲が限られています。手続きの流れ次第では事案が権限を越えてしまって対処できなくなり、依頼者本人が動いたり、別途弁護士を立てる必要が出ることもあります。現在、弁護士法律事務所では、相談が無料になっていることが殆どなので、まずは無料相談を利用するのがおすすめです。相談の結果、信頼できそうだという感触を掴んだら正式に契約を結ぶ流れとなります。人間同士のことなので相性もありますし、ホームページで謳っていることが本当かどうかを確かめる意味でも、まずは相談をして感触をつかんでみましょう。しっくりこなければ複数の事務所に相談してみることも必要です。債務整理の内容にもよりますが、例えば任意整理では、正式に契約を結んだ後は、債権者との和解が成立するまで依頼主がする事は何もありません。ただじっと連絡を待つという流れとなり、取り立てもストップするので安心です。1人で借金問題を抱えていないで、是非弁護士に相談することをおすすめします。

↑PAGE TOP